読書感想ブログ

読んだ本について思ったことを片っ端からなんかしら文字に起こす修行場。

百田尚樹作品やっぱ面白いなぁ

 

幸福な生活 (祥伝社文庫)

幸福な生活 (祥伝社文庫)

 

 幸福な生活読み終わりました。女性をメインに置いたショートストーリーがたくさんあるんだけどどれも面白かった。最後の一文の えっ!?!?どういうこと!?って読み返す技、うまいですね~~~…

最後のクドカンのコメントにもあったけど書き下ろしらしい「賭けられた女」がほんと何度読んでも どういうことだ!?

ってなりますね。この、しっかり説明しろぉ!なんなんだよぉ;;コラァ!!!;;みたいな読後感ではなく、もしかしてこういうパターン?いやこっちか??って考えるのが楽しい読後感かなぁと思います。

夫がキッチンに立つ妻の後姿を見て「何故こんなよくできた女が冴えない俺のとこなんかに嫁いでくれたんだろう…」と不思議に思った時点で絶対何かあるやつなんですよね。はぁ~女ってこわ~~いwww

女キャラの言葉遣いが若者言葉が入ってこない丁寧なマダム口調なのが女の怖さを強調してるような。やっぱり美しい女性には美しい言葉をしゃべってほしいですな~~はっはっは。

どうも性分なので漫画にしたらこういう構成になるかな~と考えながら読んでたんだけどこれもう漫画化されてるんだね…考えること一緒やないかい!!!

サンプル見た感じだと今どきの絵ってかんじですね。キャラがみんな20代後半~で全く若い人物のイメージじゃなかったからパスしますが。

最初の老人ホーム行く主人公、50代近いしもっとシワ入ったおっさんだと思ってたぞい…急にオサレなかんじに。いや、いいんですけどね。描く方も青年のほうが描きたいもんな、わかるぞ。。。

 

幸福な生活 (FEEL COMICS)

幸福な生活 (FEEL COMICS)

 

 百田作品をもういっちょ記録しておきます

 

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

 

 ちょっと前に読んだ「夢を売る男」これもライトな文章でサクサク読めました。

私は小説は今は書いてないけど、中学高校くらいのときは携帯でポチポチ書いてたなぁ、二次創作ですが。

この作品の主人公?牛河原に正義の鉄槌が下るオチはよ来てくれや~~~ってこの男にむかむかするんだけどなんかもう中盤差し掛かるころには自分の力量を勘違いした現実の見えていない物書きを斬っていくのはわりと爽快でした。

最後の後味もよかったです。いい方向に裏切ってくれたな~

はぁ、しっかし出版社から素人の原稿持ち込みをこんな風に言われてたら悲しいなぁwwwブログとかツイッターを見てご連絡させていただきました~とかメール来たりしたら引っかかるかもしれん。こわっ

日本人は世界で一番自己表現したい民族 っていうの 

すっごいわかる…

ツイッターとかね。RTファボ稼ぐのに目ギラギラさせてるっていうかさぁ。ツイッターってそんな場だったか?というツイッター初期から使ってるやつは思うのですな。

というか今本卸すの全国5000部前後とかなのか…同人誌か…?いや同人誌で5000は壁シャッター間違いなしだけど、しょうがないね、時代だものね。

あーでもこの本は読んでよかった!面白かった!

年を取ると小さいことが気になる

 

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

 

 はい、たった今読み終わった本を斬ります。コーヒーが冷めないうちに。はい。はいはい…なんだか意味深なタイトルやで…

本屋で平積みにされてかわいいポップで泣けました!!4回泣けます~~!!;;;って書かれて、なんかその場の存在感に圧倒されてついついネットで調べもせず買ってしまったのですが…ん~~~~!!!www軽率だった三島由紀夫作品を黙って買えばよかった。

小説というよりドラマの脚本を読んでる感じですね。活字に深みが無いので細々とオサレカフェ空間を演出する説明されてもいらねーー!!!その説明今いらねーーー!!!!!!サイフォン、ドリップ、コーヒーメーカーそれぞれコーヒー一杯入れるのに登場人物によって違うんです!キリッ) 

 

え????

 

ってなるんですよ。ンゴッ……あ、そうですか…ってなるんですよww

4回泣けると謳ってるけど、ん~~~流れるのはやすっぽい涙かな。

肉親が死ぬ、恋人が海外に行ってしまう、恋人の若年性アルツハイマー、我が子を見ることなく死ぬ悲しい私…そんな悲しいよねっていう現代のコテコテの設定を転がしてるなぁ~~~って印象。舞台や映画にすると演出はうまい人なのかなぁと思いました。どんでん返しとか行間の深みとか読後の余韻とかを求めてると違うかも。

あー、あとみんな主役は女キャラなんだけど言葉遣いが気になりました。

目がくりくりした少女のように幼い顔立ちで体が生まれつき弱く、人より身体能力が劣っていても、あっという間に人々を味方につける天真爛漫な天使のような女性の言葉遣いが「マジで?」とか「だっつーの!」とか言ってるのをさ、残念でならないんだ…女性キャラの扱いはキヲツケテクレーーーーー

美大生アルバイト女子の一人目のストーリーでは感情の冷めきった冷酷な仕事だけを黙々とする女っていうのをばりばり強調してきたかと思えば、あれ、こんなセリフ言うタイプなんだ・・・っていうキャラが違う違和感もすごい。

あと超個人的に気になったというかモヤモヤしたのはめちゃくちゃコーヒー入れるのこだわってるじゃん店主!目の前でカウンターで女がタバコ吸ってんのおかしくない…!?

私が店主で料理出してる立場だったら絶対禁煙にするけどなぁ。分煙でも許さないよ。どんだけおいしい料理でも隣でタバコ吹かれたら一瞬でクソマズ飯できあがるじゃん。ねーーーマスター―――!?!?!?味覚大丈夫????海外でカフェ入ったことある?許されないよ?この日本80年代?

 とか書いててペルソナ5のマスター、カレーとコーヒーこだわり派だったけどタバコ吸ってなかったか…?おん??ここが変だよニッポンポン

と、まぁそういう細かいところが気になって気になって1300円高かったなぁと思ったのでした。

2015年発行2017年現在42刷発行かぁ…うらまし~~~!いかに今の日本人が泣けるライトな感動ものを求めてるかってことですね。私ですね!はい!!!

コッテコテだなぁ~~~~~と笑ってしまったんだけど文章力が高くてもう少しひねりがあれば化けたのかなぁと思う惜しい本でした。終了!次いくぞ!

スマホ触るなら読書しろ

 

 はい、読書ブログということで最初の記事はなぜ読書をするのか?っていうことをテーマに書こうかなと。

そもそも読書したほうがいいの?漫画でよくない?映画は?アニメは??っていう疑問もあるけど創作してる身としては活字を読むことはめちゃくちゃ妄想広がるひとつの手助けしてくれるもの、というかんじです。アニメや映画などはアウトプットしたものを浴びるように見てるので感動した!すごかった!泣いた!っていう感想で止まっちゃうんですよね。

何か発信したいなら読書したほうが絶対いい。阿部公房の壁を読んだけど何がなんだか一体どういう世界観なんだこれは!?!早く説明して!って目まぐるしく場面が変わるのに決定的な真実というものが見えてこない話作りには一週間ほど、現に今もあれはなんだったのだと首を傾げてしまうやつで、私が手を加えるならこうするな…と悶々と考えてしまう本でした。すごかった…。キャラクターのやり取りが面白すぎる。

阿部公房についてはヤマザキマリの本で彼女の若いころにイタリアで読んで感銘を受けたと書いてあったのが気になって読んだんですが、やっぱり今活躍してる尊敬する人たちはみんな本をたくさん読んで衝撃を受けてるんだなぁ…次は砂の女を読もうと思います。

この本にも書いてあるけどアウトプットするための引き出しはインプットの質と量を増やしていくしかない、読み続け、聞き続け自分のなかでどんどん積み重ねていくことが重要、っていうのは同意かなぁ~読書で得られる情報量と漫画で得られる情報量はやっぱり違うんですよね。いいマンガがかきてぇ~~~

この著者に関して言えば、好きというわけではなくテレビで見たことあるな~っていう程度でしたが読んでよかったです。

図書館に行きたくなります、最近は本屋に寄ったら必ず一冊本を買うマイルールを実行してます。

「読書をするときには後で誰かに説明するようなつもりで読む、」これがなかなか難しいですね。いざ伝えようにも文章の組み立てが難しい。慣れていくしかないかな~語彙が増えたねと言われたので塵も積もればでしょうか。あ、あと音読するといいっていうのも英語かよ!?って言いたくなりましたがあながち馬鹿にしたもんじゃないだろうなぁ

録音して聞くっていう段取りが非常に恥ずかしいものに思えるけどアナウンサーになった気分ですらすらと文章読んでいったらかっこいいですよね。うん。やってみようかな。

音読っていうのもいいけど、ポジティブな言葉を声に出して録音して何度も聞く、っていう行為はわりかし人生を豊かなものにしてくれるんじゃないかなぁと思いました。言葉には魂が宿るというのが古来日本の習わしだし、幸福というのは自分の脳が判断することだしね。

本を意識して積極的に読むようになってまだ3週間ほどだけどひとつひとつのことにキレなくなった、ものすごく腹が立ってももしあの人がこのあと死んでしまったら私は同じ行動を起こすだろうか?とか今の感情は本当に私のものか?何が気に入らない?それはなぜ?と冷静に考える脳ができた気がします。心にすこしスペースができたような。

で、あとこの本、社会人が読むべき50冊リストも乗ってるので読むものに迷ったらちまちま読んでいこうかな。教養と知識が身につくのでスマホいじってソシャゲやったりニュースを見て憤慨するより有意義な時間になりそうです。同居してる母が毎日ニュースに文句を言ってるのを浴びるように聞いてるのがなかなかしんどい…私や家族の人生に関わりのないことを怒り不満を言いyoutubeでニュースを探し聞き続けるエネルギーをプラスに変えてほしいものですな…

毎日本を触る週間をつけようと思います。