読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想ブログ

読んだ本について思ったことを片っ端からなんかしら文字に起こす修行場。

脳が成長するのは20代から40代

 

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

 

 3DS脳トレをはじめて1か月ほど経ちました。今のところ休んだ日は1日だけ、というなかなかの優等生ぶりを発揮してます。

3DS脳トレを開始して、同時に本を読み始めるようになってからわりと記憶力がマシになった感があるのと

語彙力が増えた、説明がわかりやすい、と言われたので1か月で脳って変わるのかな!?かな!?!って期待したんですが

この↑の「脳の強化書」の著者は「脳トレは一人ひとりの脳の個性に応えていない」と否定してますね。うん。はい。そんな意見も必要だよね。イエス…

1か月も(3DSの)川島教授に「いいですね」「素晴らしい!」「あなたならできると信じてました!」とか声をかけてもらってるからすっかり川島教授ファンになってしまってるんですよね。これはこれでいいと思うので続けますぞ!

この著者が言いたいことは「日常の中でほんの少し、いつもと違うことをする」これに尽きるのかな

著者が医者なせいか感情系脳はここで~とか脳を図解してたり前置きの説明がわりと長い。どうでもいいかな…、私が知りたいのは思考をコントロールさせ応用させ前向きに生きていく力が欲しいんです。

なので結構退屈で読んでると眠くなる本。すいません…このシリーズの第二弾も読んだけど眠い。こういう時は速読だね!

 

アタマがどんどん元気になる! !  もっと脳の強化書2

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2

 

 半分くらい前置き。前置きというか脳のメカニズムかな?男と女の脳の構造の違いとか。

男性は年を取るごとに「~したい」という欲求が無くなるから気を付けたほうがいいと書かれてます。欲求=生命活動の維持らしい。

言われてみれば祖父よりも祖母のほうが老人ホーム入る前まで漆を使ったモノづくりに没頭してたなぁ。

 

で、こっちもやっぱり経験したことないことをする、興味の無い分野に手を出してみるなどを紹介してます。

個人的にすぐやりたいなーと思ったトレーニングは

〇後ろ向きに歩く(脳梗塞のリスクの低下)

〇お米を味わって食べる(おいしい、という幸福感が脳にいい)

〇自分を16歳だと思ってふるまう(思い切っていろいろチャレンジしやすくなる)

〇別れ際に握手をする(いつもと違ったコミュニケーションのやり方に脳が喜ぶ)

〇妄想ノートをつくる(欲求を客観的に認識する、脳は方向性が明確に示されるとそれを実現しようとする性質がある)

などなど。

妄想ノートは引き寄せの法則とか、自己啓発でもよく出てくる手法ですよね。

お手軽に「これやってみよっかな」となるのでやることリストを作って今週はこれを何曜日にしよう、とか意識するだけでも全然違うかなーと思います。

まずワクワクすること、何事にも感謝することが大事ですね。了解!